青汁とバイアスピリンの飲み合わせ

青汁と一緒に摂取してはいけない薬に、ワルファリンという血液凝固防止剤があります。
青汁に含まれている栄養素によって効果が落ちてしまう可能性があるためですが、似たような血液凝固防止剤であるバイアスピリンとの組み合わせには問題がないのでしょうか。

なぜ青汁とワルファリンの併用には問題があるのか

青汁にはいろいろな栄養素が含まれていますが、その中にはビタミンKがあります。
これは怪我をしたときなどに血が固まりやすくなる効果がありますが、これがワルファリンとの相性が悪いのです。
血栓ができて血管が詰まってしまう病気の中で、重いものとしては脳梗塞や心筋梗塞などがあります。
血栓ができやすい人はこうした病気の再発リスクが高いため、血栓ができないようにする必要があります。
ワルファリンは血栓ができないようにするために、血が固まりにくくする薬です。
ただ、ワルファリンはビタミンKの働きを阻害することで、血液の凝固を抑えているのです。
青汁とワルファリンの併用が禁忌なのは、ビタミンKが増えることでワルファリンの効果が落ちるためです。

青汁とバイアスピリンの組み合わせは問題なし

バイアスピリンもワルファリンと同様、血栓をできにくくすることで脳梗塞や心筋梗塞の再発を防ぐための薬です。
ただ、バイアスピリンの場合は血液内の血小板の働きを抑えることで、血を固まりにくくしているという違いがあります。
青汁に含まれているビタミンKは、血小板の働きに影響を与えるものではありません。
ビタミンKを摂取したからといって、血小板の働きが強くなるというわけではないのです。
つまり、青汁のビタミンKを摂取しても、バイアスピリンには何の影響もないということになります。
似たような効果を持つ薬だけに、ワルファリンとバイアスピリンは混同されがちですが、青汁との併用が不可かどうかについては、大きな違いがあるということになるのです。