プロテインと一緒に飲んでも大丈夫?

青汁とプロテインはどちらも体にとって必要な栄養分が多く含まれていますが、一緒に摂取するとかえって栄養分の過剰摂取になってしまうのではないかと心配している人もいるのではないでしょうか。
実際にこの2つを一緒に飲んでも、問題は起きないのでしょうか。

青汁の主成分はビタミンや食物繊維

青汁に含まれている栄養分は、原料によって若干の違いはありますが、ビタミンやミネラル、食物繊維が主なものです。
いずれも体の状態を整える働きがあり、生活習慣病を予防するなど健康な体作りに役立ってくれます。
野菜不足といわれる現代人にとっては、欠かせない栄養分ともいえます。
あえて問題点を挙げるならば、体そのものを作る成分が含まれていないことです。
多く摂取しても、血や肉になってくるわけではないのです。

プロテインの主成分はタンパク質

これに対して、プロテインはタンパク質が主成分となっています。
プロテインを摂取している人の多くは筋肉をつけることが目的ですが、これは筋肉がタンパク質からなっているため、その原料を多く摂取し、筋肉トレーニングの効果を大きくしているというわけです。
これは青汁に欠けている、体そのものを作る成分に当たります。
つまり、両者の栄養分は基本的に重なっていないわけで、一緒に摂取しても問題はないことになります。

一緒に摂取することで相乗効果を生む

実際には青汁とプロテインを一緒に摂取すると、相乗効果を生むことすらあるのです。
一例を挙げれば、ダイエット効果です。
青汁は食物繊維の働きで便秘を解消し、基礎代謝を上げることで太りにくい体作りに役立ってくれます。
そして、プロテインの摂取によって筋肉を増やすことも基礎代謝のアップにつながり、相乗効果をもたらしてくれているというわけです。
もしあなたがダイエットをしたいと思っているのでしたら、青汁とプロテインを一緒に摂取してみるのもいいかもしれませんね。